スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

資源国 VS 新興国 戦いの行方は!?

 2008-08-03
   ★業界を激震させた究極のFX★ スプレッド0銭!!!手数料0円!!!
 7月11日の業務開始日から約2週間程度で口座申し込み件数が2000件を突破!
 さらに、7月21日時点の取引高が約1,000本(10億ドル)と急激に取引高を伸ばしている。
 歴代最強の勢いで、今、最も熱いFX会社といえば・・・↓

 



 こんにちわ!ソルトす。

 本日は、資源国 VS 新興国 戦いの行方は!? と題してお話させていただきます。

 なぜ、このようなテーマにしたか?
 それはここ最近のオセアニア通貨と、新興国通貨(南アフリカランド・トルコリラ)の相反する強弱の対立が起こっているからであり、少し検証してみようと感じたからです。
 
 皆さんご存知のとおり、激弱=オセアニア通貨
               最強=新興国(ランド・リラ)となっております。
 まず、弱い通貨オセアニア通貨ですが、比較的堅調な経済と見られていた豪州でしたが・・・
 「5日の金融政策会合では本格的に利下げを検討する」と報道し、今までの利上げ局面から大きく政策転換する可能性がチラホラと見えてきました。
 AUDファンにとって、最も重要、且つ注目すべき日となることは間違いありません。

 ★そしてもう1つ重要なファクター!!それは多額の債権です。

 豪ドルに関連する債権(売出)が日本で大ブームとなったのは、2001年ぐらいからです。これは豪ドルの押し上げ要因に少なからず影響してきました。(実際2001年からは右肩上がりです)
 この売出した債権は、当然償還しなければなりません、大量に蓄積された償還額が今後発行額を上回ると予想されるため、豪ドル安の大きな要因になると思考できますよね。

 債権償還と政策転換(利下げサイクル)のWパンチを喰らう可能性が大という訳です。

 そして、オセアニアに投資されていた莫大な資金の引き上げ、5日の金利動向を見極めたいという投資家が、ロングポジションを一旦外し、その資金が新興国(南アフリカ・トルコ)に、流れているということではないでしょうか!?
 資金は絶えず居心地の良い場所を探しているのです。陰があれば陽があり、陽があれば陰があります。
 もちろん、誰にも真相はわかりません!(相場のことは相場に聞け)です。
 ただ1つ言えることは、資源国通貨・新興国通貨ともに大きな転換点がきていることは間違いなく相場は↑↓に大きく揺らぐことになるでしょう!
 投資家にとっては、非常に儲けやすい相場展開になってくると思います。
 流れに逆らうことは出来ません・・・旨く波に乗りこのチャンスを皆の手で掴みましょう!!
 
 にほんブログ村 為替ブログへポプログ人気fxブログランキング最強のブロガーが集っています!FX取引の登竜門はここ!

ブログ為替レート今回の記事が少しでも役に立ったと思われた方応援してください


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://lion911.blog96.fc2.com/tb.php/115-1b76e82d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
にほんブログ村
にほんブログ村で、トラコミュを運営しています。
トラコミュ
長期運用で長者を目指そう♪
投資関連記事のトラックバック大歓迎! トラックバックで記事を公開して、一緒にアクセスアップを目指しましょう!
投資関連の記事がありましたら、お気軽にトラックバックして下さい。
にほんブログ村 トラコミュ 長期運用で長者を目指そう♪へ
長期運用で長者を目指そう♪

プロフィール

ソルト

Author:ソルト
このブログでは、投資歴15年(株式他)の筆者「ソルト」が、FX取引(潮の変わり目投資法)を通じて巨額の不労所得を生み出す方法を検証していきます。タイトルに記載のとおり「本気」のブログです。
合言葉は「20年後に億万長者」
よろしくお願いします(^-^)

microAD

最近の記事
ブログランキング
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので応援してください(^-^)

ブログランキング【くつろぐ】最強のFXブロガーたちが大集合!!

最近のコメント

月別アーカイブ
FC2カウンター

足跡の軌跡
みんな友達!!足跡の輪!!

アクセスアップ倍増の秘密兵器

フリーエリア
日経・ダウ・ドル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。